風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はけっこうイロンナ職場を経験している。

しょせんパートだが、その時々で興味を持った仕事をしたいと思うので

結果的にイロンナ職場で働くことになる。

そして行く先々で、必ず一人や二人は思い出に残る人との出会いがある。

で、今日は 老人介護施設でヘルパーとして勤務していた頃の話。

息子たちはまだ保育園の時代、私もおさげ髪がギリ似合ってた頃。



山城君は私より7つくらい年下だった。

ボブ・サップを色白にしたルックス。

男なのにオネエ言葉を好んで使っていた。

女性が圧倒的に多い職場なので特に違和感はなかったけどね。

当時、そのフロアにパートは私だけ、後は全て正職員だったせいもあるが

それと山城君独特のキャラにもよるが

とにかく彼は私のことを名前で呼んだためしはなく、いつも私は

「そこのパート。」と呼ばれていた。



私は主婦だったのでいつも昼は弁当持参だったのだが、

彼は独身なので昼休みは外へ食べに行く。

フツー、自然にそうなるだろう。



しかし。

私が休憩室のテーブルにお弁当を置き、他の職員さんたちと一緒に、

今月のお茶菓子代500円まだ払ってない人だれーーー?とか

腰痛ベルトの注文もう締め切っていいーーー?とか

鈴木さんにナースコールで呼ばれたから行ってみたら

アカスリで背中掻いてくれって懇願された、とか

それで掻いたの? うん 5回だけね、などなど

業務色が全面に踊る楽しい会話をしている最中、

山城君がライトにこう言い放ったわけです。



「そこのパート、メシ食いに行くわよっ。奢らないけど。」



「・・・・・・・・・あ ごめんなさい、私、お弁当なので・・・・・。」



「あたしが食べてやったわ。」



「はい?」



見ると空の弁当箱が。



「あんた味付け薄いわね。それにこんな量じゃあたし足らないわよ。」



予期せぬ展開のもと、私は彼と共に昼食を食べにいくハメになり、

次からはそれが定番になった。



お互いの名誉のために断っておくけど、レンアイ感情とはまるで無縁。

友達とも違う。先輩、後輩でもない。

人類愛なんて表現すらもったいない。生物愛にチョイかするか?

無駄な殺生はやめましょう、みたいな気持ちに近かったかもな。

ただなんとなく、「サップ」と「そこのパート」は周波数が合ったんですよ。

事実 山城君にはカノジョがいたし。



そんな チキンカツ定食をむさぼり食う山城君から、

私から3切れ奪って自分のお皿に乗せてフツーに食べる山城君から、

ある日 暗い顔で、お下の相談を受けたわけです。

それは 若いのに夜尿がひどい、お尻からう●ち以外のものが出てくる、

という類の相談より ある意味深刻なものでした。




サップ「あたし ハーフインポのような気がするの。」



ぐわしゃ!(衝撃発言によるショック音)



サップ「なんかね。仕事でおむつ交換するでしょ?」

そこのパート「はいはい。」

サップ「そん時のクセで、どっかに発疹はないか、とかビランはないか、とかね、

 いっつもそんな目でカノジョのも見ちゃうのよ。

 なんかね、保護の対象なの。」



ぐわしゃ!



そこのパート「そっかー。で、清拭してからレスタミン塗布かーー。

 しばらくこれで様子を見てみましょうってかーー。」


サップ「そうそう。これって職業病かも。で、いまいち元気出ない。」



それは一大事!!このままハーフを極めたらピュアインポになってしまうではないの!?

そしたらカノジョにふられるじゃないの!?

無駄な殺生になってしまうではないの!?



励まさなくては。何か気の効いたことを言って、元気づけなくては。





「でも山城君て もともとが薄そうだから。」




言ってから しまった と思った。

さらにマズイ方向に流れていきそうな雰囲気になってる。



「・・・・・・・・・何が?」



えーーーと えーーーっと 何、何て言おう。

とりあえず流れを止めなきゃ、いやむしろさりげなく流しちゃった方がいいかも。

男と女って流しそうめんじゃん?つゆは薄めがおいしいよね。 とか言っとく?



「あーーいいや なんも言わないで。

 俺 どんな答え聞いてもすげー凹みそうだから。」



なぜかその時だけ本来の男言葉に戻っていた。



ぐわしゃ!



サップが素に戻ったのは それがたった1回だった。

「薄い」。

けっこうリアルだったのかもな。



くつろぐ人気ブログランキング ←応援ヨロシクです
今の派遣の仕事につく前、私は住宅展示場の受付と一人庶務課(雑用)を兼任していた。

所長、営業マン4人、私の計6名の小さな職場。



その営業マンたちの中に、紅一点の営業ウーマンがいたっつー話。

年のころは 50ちょい出たくらい、見た目は 白髪がだいぶ混じってて、 ころっとしたシルエットで

そうね、サッカー解説者の、セルジオ越後さん と95%フィーチャリングしてた。

あ、これあたしが言ったんじゃないから。みんなが言ってたのね。



で、初めてそのセルジオ越後って名前を聞いた時、

私サッカーに興味ないから、その人のこと知らなくて

「え?セルジオ?セルジオ何?いちご?」

って聞き返したわけです。

で、それ以降、セルジオ越後じゃ あまりにストレートダイナマイツだということで、

あだ名はただの「いちご」に変更された。

万一本人にバレても、「いちご」だったら可愛くていやな感じしないじゃない?

ところが このいちごは、なんつーか 女を忘れたカナリアっつーか、

身だしなみに全く気を使わない人だったんですよ。



ボサボサの髪 火の如く

すれ違いざまの髪のニオイ 風の如く

肩のあたりのフケ 林の如く

化粧せざること 山の如し。



もしかして武田信玄の子孫?ぐらいのオーラを放ってた。

ある営業は、“いちごの髪の毛は あぶったイナゴのニオイがする”と断言していた。

それは いちごを助手席に乗せて、一緒にお客さんの所へ行った翌日のこと、

車に乗り込んだ5才の息子さんが

「パパ、今日の車、むし(昆虫)っぽいニオイがする!」と発言したことからも明白だ。



しかしいちごも営業ウーマンのはしくれ、

もう少し清潔感をアップしないことには客もつかない、成績も上がらないのではないか、というのが

所長の悩みだった。



しかし、面と向かって

「髪の毛を洗う頻度を多くしてください。」

とは誰も言えない。

当然ながら 異性から言われると傷つくんじゃないか、

同性からさりげなく言われるのがベスト!

と私にそのお鉢が回ってきたのだ。

その時私がどういう手を使って、いちごにシャンプーを変えさせたかは

もうほとんど覚えていない。

ただ、その当時流行っていたアジアンテイストのシャンプーとリンスのセットが

町内会のくじで2つ当たったから1つあげます、

みたいなことを言ったような気がする。

もちろん経費で落とした。



そんなわざとらしくもリアルなやり取りの数日後、

出勤したいちごから そのシャンプーの香りがふわっとしたのだ。

もちろんこの機を逃すまいと、みんなで

「わっっっ いい香り!今日何か特別な日っすか!?」

といじらしいぐらいの演技をした。

辛いノルマも一瞬忘れるほどの熱演だったように思う。

いちごは男性にちやほや誉められた経験に乏しかったのか

これに相当気を良くし、以後このシャンプーを使い続けてくれた。

ボサボサだった髪も 心もちしっとりまとまり、

フケも無くなった。



しかし私が ヤレヤレ、これでお役ご免、と一安心したのも束の間。

所長の鶴の一声。

「次は口紅だっ!」

力強い視線は私に向いている。何の迷いもない定年間近のピュアな瞳。

私は いちご専用特殊部隊?



「いえ、もう私は辞退します。

 それより、所長からプレゼントしてあげたらいかがですか?」

「え、でも、誤解されても困るからね。

 この口紅をつけた君の唇を、今度は僕がいっただきーーー!みたいにね。アハハ、アハハ。」



そうか!いちごはそう取るか!


所長といちごのカップリング。

それはたしかにマズい。いや 


最強エキサイティーーーング!



社内で本当にあった怖い話 vol 1. に載りそうな勢いだよ。



結局、所長も都合よく立場を利用し、辞退した。

その後 いちごに口紅をプレゼントする役は営業の間でたらい回しにされ、

あみだが何度も作られては破かれ、

ファイナルアンサー?に誰一人として頷くことなく、

その提案はもみ消されてしまった。



残念ながら、いちごを化粧するところまではプロデュースできなかったけど、

それでも 不思議に成績は悪くなかったんだよね。彼女・・・・・・・。

社内の七不思議 vol 1. に入ってたかもしれない。




くつろぐ人気ブログランキング ←応援ヨロシクです
ガッツさんの持ちかけたネットビジネスとは、今で言うアフィリエイトみたいなもので、

自分のサイトで商品を宣伝し、売れたらその1割が私の口座に報酬として振り込まれる、という仕掛け。

しかし彼の指定してきた商品は たった1種類、


しかも 怪しさレベルE。


ええ、ええ、犯罪スレスレですとも!

確かに違法ではありませんが、まちがいなく法のすきまを狙った商品です。

背後にピ~ポ君が見え隠れしています。



ガ「でね、アキラさんには ホームページを作ってもらって、大いに宣伝してほしいのです。
  実務的なことは全部俺がやるから。」

私「私は宣伝係?」

ガ「そう。で、一件成立したら1割だから7,000円の報酬。
  
  何も働かないで7,000円入るって、嬉しくない?」

私「でも、私だったら7万円もするもの、ネットで買おうとは思わないけど。」

ガ「欲しいヤツからすれば、7万なんてどうってことないカネさ。」

私「サイトで宣伝するくらい、ガッツさんならわけないでしょ。パソコン何台も使って仕事してる人なんだから。
  
  どうして自分でやらないの?」

ガ「俺ももちろん やってるよ。でも、宣伝は多い方が効果的だろう。」

私「ん~~~まぁね。分かった。宣伝くらいならやるよ。

 

で、ホームページってどうやって作るの?」





20070612170410.gif おめっ 知らんのけっ!?


しかしガッツさんはくじけずに 私にいくつかのHP作成支援サイトを紹介してくれた。

細かいところはメールで聞くと、快く教えてくれる。

エロサイトの無限に開き続けるウィンドゥの閉じ方まで 教えてくれる。

それはそれは まさに24時間対応。

この人、いつ寝てるんだろうってくらいに。



告白しましょう。

私はHTMLその他モロモロ、

サイト作成の基礎知識は  全部 ガッツさんに教わりました。

見ず知らずの人から 入会金&授業料ナシで、

しかも 自分の都合のいい時間に(主に丑三刻)強引に教わりました。

私にとっての最強NOVA=グァッツ!!



そんなわけで、メモ帳だけで作った初めてのホームページが出来上がりました。

商品にまったくそぐわないスウィートフルなデザインです。

背景には パトカー ネコちゃんやワンコ君が踊っています。

ガッツさんも多分、大いに ま・ん・ぞ・く だったと思われます。



「今度パソコンで内職始めたからね。海外旅行に家族で行けるかも。」

と、ダンナに言ったら

「そっかー。頑張って稼げ~。」と嬉しそうでした。

ダンナは私のやることは、スズメの涙ほどもネコの額ほども疑いません。

 

しかし 問い合わせてくるのは、謎めいた中国人とか、

これは犯罪ではないのか、との的を射た見事な指摘ばかり。



3ヵ月ほどやってみたけど 注文はゼロ~。



ガッツさんに 私、こんなノレンに腕押しみたいなの、やっぱ止めたい、

それに中傷や脅迫まがいのメール多いし・・・・・・と書いたら、

そうか・・・・・仕方ないな、じゃぁ俺一人でやるよ、と

あっさりしたものでした。。。。。。



私のページは削除しましたが、彼のページはもちろん存続しています。

久しぶりに覗いて見たら、いつのまにか アダルトショップに大改造。



なになに?路線変更!?!?



思わず 「今度は大人のオモチャ屋っすか?」とメールを出したら、

「気に入ったのがあれば プレゼントしますよ。」と相変わらずノリのいい返事。

それが最後のメールになりました。



ガッツさんはそのメールに、愛車(左ハンドル)の中で撮ったという写メを添付してくれていました。

確かにガッツ石松というよりは、コロッケがモノマネした宇崎竜童 ってテイストでしたな。



ダンナに 儲からないから内職は止めた、と言ったら

「えーーー!海外旅行ポシャッちゃったのー?」 と、まぢで残念がられました。



あ ごめんなさい。今回の記事、ちっとも“レモネード”風味じゃなかったですね。

どっちかいうと、“青汁”寄りだった。



くつろぐ人気ブログランキング ← ガッツさん元気でいるかなぁ、と思った方はポッチン
昔むかし、世の流れに遅れまいと、ウチも初代パソコンを購入した頃の話です。

Wordって何?いんたーねっとってどのスイッチ?

えいっえいっ!・・・・・・・とマウスのボタンをカチャカチャ押していたみずみずしい頃の話です。



私はとりあえず 入力やネットの機能に慣れようと、

ネッ友募集!みたいな あやしげな掲示板に書き込みをしたことがあるのです。

性別や趣味など、とても真面目に書きました。

そしたらすぐさま、何件も返事が返ってきたのです。


真ッ昼間なのに ぶったまげ~~~!


リアル友達だって、こんなイナビカリみたいに早く返事よこさないよ。

そのうえ全部男性。

しかも 「僕はお姫様抱っこが得意です!」

「真田ヒロユキに似てるって言われます。メンゴ、メンゴ、自慢じゃないよ。」

とか 背筋に結露ができそうな文面がほとんど。

ひどいのになると 「貴女はまだ女性です。」

当たり前じゃん。性転換した覚えないもの。



さすがに箱入りおばちゅあんの私も 気がつきました。


 こ、こいつらっ あたしのカラダが目当てだ!


そこで私は全員に、 

“どなたともお会いする気はありません。純粋なメール友達を希望しています。”と とても真面目に書いて送信しました。



そしたら、もう、見事なまでに、まるっきり、返信ナッスィング。



なにこれ。

真田ヒロユキどこ行ったのさ。やだね~~~。メンゴ、メンゴ。



ところが、数日後、たった1名から返信がありました。

ガッツさんという、私より3こくらい(だったと思う)年上の男性です。

彼は自分で、「俺はガッツ石松似」と自己紹介していたので

以後思いっきり ガッツさん と呼び続けました。

途中、「ガッツ石松ってよりも どっちかいうと 宇崎竜童かな?えへへ。」 と

訂正が入ったのですが、かまわず ガッツさん と呼び続けました。

彼も 「俺もまったく会う気はない。」と断言した上で

ちょい絡んできたので、さぐりを入れるように斜め後方から絡んできたので、




「あーーーー、煙ったいです。肺ガンになりますよ。」と書いたら

「アキラさん、どっかから俺のこと見てない?・・・・・・なんでわかるの?」と。



カン大当たり。だいたいこの手のオトコはヘビースモーカーが相場だ。

それからプライベートなメアドを教えあい、

ちょくちょくメール交換をするようになった。



かなり ワケアリな男だった。

離婚暦2回。職業不定。てか名刺を5種類持ってて、どれが本業か自分で認識していない。

自称 遊び人・ガッツ。

私「5種類も名刺を持っているんじゃ、儲かってしょうがないでしょう。」

ガ「いや、赤字のもあるから、平均すればそこらへんのサラリーマンとそんな変わらないよ。

 でも 親が残してくれた家があるから、家賃はいらないね。」



カネには困ってないらしい。お坊ちゃま?

そんなこんなで ほのぼのとした文科省推奨の会話が続いたあと、

ガ「アキラさんさー。」

私「なに?」

ガ「俺と組んでネットでビジネスしない?」



ときたもんだ。


□□□ 明日へ続く □□□


くつろぐ人気ブログランキング ←忘れた頃にポチッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。