風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家はダンナの一存で、自宅の近所に3坪ほどの土地を借りて

ほのぼのとした家庭菜園を営んでいる。

借賃を年間1万円弱支払っているが、それが高いか安いかは判断にお任せしよう。

で、今日、ダンナが会社の帰りに家庭菜園に寄って収穫してきた菜っ葉
がこれ。

20070517224634.jpg

菜っ葉そのものより 見事な虫喰いっぷりに目がいく。

初めまして 青ムシさん。 テヘッ。

ハラショー無・農・薬。


私「これは何ていう野菜なの?」

ダンナ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

私「?」

ダンナ「植えた覚えないんだけど。」




ガビーン! (ベタなリアクション)



ダンナは休日、気まぐれでホームセンターへ行き フィーリングで種を選び、

何かに取り憑かれたかのように 畑に蒔く性質があるので、

芽が出て成長し いざ収穫する段階になって 本人が一番新鮮に驚くのだ。




「俺、こんなの いつ植えたっけ?」



ゴゴゴゴゴ・・・・・・・ (ベタなリアクション 2)



そんな時は たいてい“万年青菜(まんねんあおな)”というネーミングで落ち着く。

ダンナが作っている野菜のおおむね3割が万年青菜だ。



しかし一応、収穫したからには食べないと損、という卑しい理念のもと

私はとりあえず鍋でゆでてみた。

普通菜っ葉類は サッとゆがくのが旨いのだが、ゆでてもゆでても いかんせん硬いので、

ガス代も棚に上げて15分はゆでたね。

もう我を忘れて ビタミン類全部流れ出るのを覚悟でゆでたね。

で、酢味噌で和えてみた。

何かから逃れるかのような勢いで和えた。

で、付け合せのハンバーグも作った。

今夜のメインは 神聖な万年青菜の酢味噌和えで、付け合せに俗物なハンバーグね。

一応 ダンナを立てたわけね。



食事が始まる。



もしゃ もしゃ もしゃ・・・・・・・・・・。



笑顔も会話もない。

笑ったら口の端から繊維化した茎が 飛び出してしまうのだ。

会話などしていたら飲み込めないほど硬いのだ。




もしゃ もしゃ もしゃ・・・・・・・・・・。



それはまさに咀嚼訓練。

卑弥呼の時代は たしかこんな食事が普通だったと聞く。

木の実、干した魚など硬い物しかなかったから。

弥生デモクラシーにむせび泣く 平成の一般家庭が今ここに。



もしゃ もしゃ もしゃ・・・・・・・・・・。



ベジタリアンのサミットは終わった。

そして次は、いよいよ俗物王のハンバーグへ。

ハンバーグなんて メタポの温床さ。

現代人の汚点だね。しかし ま あれだね。






正直に言うよ。うまいよ。



フツーに美味いから。

しかも5噛みもすれば のどもとを通り 自然に食道に流れていくぢゃないか。

食べながら笑ったり話したりできるぢゃないか。



メタポ? うん、話のタネに多少はメタポも経験しないとな。 

何しろ現代人だもんな。




ええ まぁね いろんな意味で収穫物全部、さりげなく近所におすそ分けできたらなぁ、なんて。

ただ 何も聞かず 黙ってお受け取り下されば本望です。いろんな意味で。



くつろぐ人気ブログランキング ←けっこう切実なワタシにどうぞポチッ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://corocoro0327.blog96.fc2.com/tb.php/33-8b69abe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。