風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の新聞記事より “統計を取ったら 人生の中で、49.8歳が一番不幸と感じる年齢” 

という結果が出たそうだ。



usa2r(4).gif  不幸。



ワタシはもちろん1200%共感した。

共感の限りを尽くした。

そして ワタシだけじゃないんだって すごくすごく嬉しくなった。

そう、今まさにワタシは その不幸まっしぐらに、アクセルを踏みまくっている年齢。

エライ博士がその不幸感についての理由を、こう分析していた。



① 50代を目前に控え、 “老い” を実感せざるを得なくなった。

そう、確かにワタシは30代から40代に移行する時期なんて 屁とも感じなかった。

まだまだ若いつもりでいたもぉん。

でも でもね やっぱり50代ってのは、もう言い訳できないよね。 

「若く見える。」 って言われることはあっても 「若い。」 ってコトバはもう完全に封印される。

② 人生の折り返し点を大分過ぎ、こうなる予定だった あるいは こうしたいと願った夢 等が、もう現実化されない事が明白になる年齢。いやおうなく “あきらめ” を知らされる。

そう、まだ若いそこのアナタ、アナタたちにはとうてい解らないでしょうが、

いずれは こういうつるべ落としみたいに非常な時が 必ずやってくるのですよ必ず。




usa2b.gif 不幸。



しかし惜しいことにこのエライ博士は男性だったので、肝心な点を見逃していた。

うん。 女性でなければ解らない隠れ理由を、ついでにワタシは三つほど挙げておこう。



③ 更年期によるユウウツ感。

④ 親が高齢になり、認知症や身体的疾病による介護の必然性が出てくる。介護の現場はまだ女性への負担が圧倒的。

⑤ 手塩にかけて育てた我が子たちが、ついに親離れをする。 カネ以外に親を頼らなくなる寂しさ。



そんなこんなで ワタシはこれから不幸のどん底に向かってまっさかさま~~~。

ららら~~。

しかし統計によると、不幸カーブはU字を描き、50代からは徐々に上向きになるそうだ。

高齢になると残りの人生を充実させよう、とか 満喫しよう、という意識が高まってくるので

かえって 少しのことで幸福を感じやすいらしい。



usa1a.gif



マジっす。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://corocoro0327.blog96.fc2.com/tb.php/139-e22de09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。