風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛の美しさとか 友情のカッコよさとか そういった人間の強さをテーマにした映画やドラマは、

その場で ああ感動したわとか面白かったわで済んでしまうが

逆に人の弱さ、いわば誰もが目を背けて通ってきたような部分にスポットを当てた作品は、涙が止まらない。

そしてその後も長くずっと心に残る。

なぜだろう?

弱さそのものは 人間の愛すべき要素だと私は思う。

なのに弱さを別のモノでごまかす、何かまがい物めいたモノで体裁良くコーティングされると 吐き気がする。



人は生きる意義を何に見出すのか。

真顔でこう答えた友人が居た。

「自分を必要としている人がいるから。愛する人を守りたいから。だから自分は生きる。」

こういうタイプは割と男性に多い。

私は言った。

「誰も私を必要としなくても、愛する人が一人もいなくても、私は自分が生きたいから生き続ける。」

その友人はそんな私を憐れんだようで、こう言った。

「自分はそこまで投げやりになっていない。」 と。

投げやり?

そうか。この人のオツムではそう取るか。

私にはこの人こそ、誰かのためという大義名分がなければ人生すら肯定できない、

そしてそんな自分の弱さにさえ気づかない、あるいは気づいていても決して認めようとしない、

憐れな人に映った。



先日、テレビで実力派若手俳優Aのインタビューを観た。

彼は自分の俳優観についてこんな風なことを語っていた。

「僕は俳優をしている限り、自分にとっての宝物(俳優を続ける意義)をずっと探し続けます。

身の回りになかったら、ジャングルの奥地に行ってでも探します。

そこまで行っても何もないかもしれません。

でも、自分で探し回ってでも何かを得たいと強く願う気持ちがなくなったら、

もう俳優は辞めます。

冷たい言い方かもしれませんが、ファンのためとか、僕の作品を観たがっている人たちのために

俳優を続けるということはないです。」




あ この人は 私と同類の人間だと感じた。

少なくとも自分の生を誰かになすりつけていない。

その意味で強い人だと思った。

けれど 強さは人を納得させて終わる。

強さとは言い換えれば、自分第一主義なのかもしれない。

綺麗ごとでコーティングされた弱さとどちらがマシか。



剥き出しの弱さは 一番心に響く。

剥き出しの弱さに 人は心動かされるのかもしれない。 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://corocoro0327.blog96.fc2.com/tb.php/134-ee3ea791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。