風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は当ブログ初の R-15で行きます。

私が以前、モデルハウスの受付兼雑用全般をしていたという事は、

“いちご。をプロデュース” の回で書いた通りですが、

今日はその当時の やんちゃ&ちょいエロスな話です。

すでにこの場で、下品な表現があることをお詫びしておきます。


当然モデルハウスという所は リビングからトイレからバス、

子供部屋、和室、寝室までひととおり揃っているわけです。

全館の毎日の掃除も私、女性スタッフの仕事でした。

営業マンたちは 私が出勤する前にはもう、

それぞれ外回りや顧客のところへ行っているのが通常だったのですよ。

いつまでも朝、ダラダラ事務所に残っていると 所長に怒られるわけですね。

可哀想に、行くところがない営業は公園の駐車場で時間を潰したり

スタバの1杯のコーヒーで何時間も粘ったりして、

午後になると 「あーーー、ちょー疲れた。」

とか言いながら帰ってくるのです。

その営業に向かって 「この役立たずの甲斐性無しのゴクツブシ!」 と

温かく励ますのも私の仕事でした。



ある朝、出勤した私はフツーに掃除機を取り出し、

るんるんるるん♪ と端からかけて回りました。

そして寝室へ入って、ビツリク!!

し、寝室が悲惨な光景と化しているではありませんかぁぁぁ。



シーツは乱れ、床にはティッシュが散乱し、

枕には女性のものとみられる長い髪がベッタリ貼りついていたのですよぉぉぉ!



最初私は ここで昨夜ナニが起こったのか咄嗟に理解できず、

きっと営業の誰かが終電を逃して、ここに泊まったんだ~~~。

で、ちょー寝相が悪くてシーツめちゃめちゃ~~~、

ついでに風邪なんか引いてたから ハナかみまくって床に捨てた~~~。

・・・・・そこまでは何とかリクツはつけたものの、

枕の長い髪だけはどーしてもフォローしきれなかったわ。

さすがの私も、営業の誰かが 昨夜ここをラブホ代わりに使ったんだ、と

認めざるを得なかった。

ここの合鍵を持っているのは 所長と営業、私だけだもの。



しかもティッシュの量は尋常ではなく、


おめたちっ 3回はしたなっ このっ!


ぐらいの勢いで散らばっている。

これほんとに全部ハナだとしたら、コイツぜってー蓄膿症だよ。



それにしても誰が?

まさか、いちご(女性の営業)じゃないだろう。

いちごは白髪まじりのショートカットだもの。

いやいやいや まてまてまて 相手の男が長髪だったとしたらツジツマがあう。

いちごなら上から攻めそうだしな。

それとも所長か?

いやいやいや まてまてまて 定年間近で3回はムリじゃろうて。

最後の1回には血ぐらい混じるじゃろうて。

むしろ所長だったらそっちの意味で尊敬する。



とりあえず寝室を片付けて、お客様が入る前にキレイにしておいた。



午後 一番に帰った営業をつかまえて、今朝のことを報告した。

で、こんなフラチなことをしでかすなんて、どう思う?

ひどくない? ここは神聖な職場なのよ? と訴えた。


営「あーーー、その手があったかぁ! そうかぁぁぁ!

 ラブホ代浮くじゃんね!!」







そっちーーーーー?!





あんたらどんだけ不自由してんだよ。


私「こんなことするのって 誰だと思う?」

営「アキラさんじゃないのは確か?」

私「自分でヤッたんなら報告しないわよ。」

営「じゃあ・・・・・消去法でいくと、Yさんじゃない?」

たしかに。

実際、帰ってきたYさんに問いただしてみると


「あ 俺。」(あっさり~&さわやか~)



「アタシが片したんですけど。」

「悪りぃ悪りぃ。嫁には内緒にしといて。」


このYさんは、ホストばりのルックスだった。


「俺、小遣い稼ぎにさ、ここの営業の他にバイトしようかと思ってるんだけど。

 もうオバちゃんでいいからさ、1回いくらかで俺を買ってくれる人、 
 
 誰かいない?いたら紹介してよ。」





はい?!
 




いえいえ、いっつもこんな人じゃないんですよ。

大雪が降ったら、本来雪かきも女性スタッフの仕事なんだけど

代わって喜んでやってくれるのはYさんだけだったし

記名取れなくても全然責めなかったのもYさんだけだったし。

この人は水戸黄門風に解釈すると、

最後まで善玉か悪玉か分からんかった。

私はこの日、Yさんに “下蓄膿” の称号を個人的に授けた。



営業マンにはちょー個性的な人が多い。

営業マンエレジー、嫌いじゃなかったけどね。

何でもアリだったから、私みたいな人間でも居心地が良かったもん。



くつろぐ人気ブログランキング ←とりあえず置いときました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://corocoro0327.blog96.fc2.com/tb.php/103-09a38ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。