風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、真面目に毎日更新してるアタシってけなげ。

多分、このブログに来て下さってる方のほとんどは女性だと思います。

直感でそう感じますとも!

バリバリ現役の女性、または100歩譲っても過去に女性だった方たちに間違いありません。

そんな雰囲気を察知し、アキラの今日のテーマは 美容 です。

相変わらず強引な導入だにゃ~。



今回は お顔パック のご紹介です。

今回は なんて言ってみたものの、多分次回はありません。

しかも姉から教わったお気楽又聞き情報です。

このパックのズバリ!!ポイントは、本来は廃棄する物を利用するので費用はタダ。

タダなんですよ 奥さん!!

なんて甘い響き。  タダ。

「ええ~~~~~?! タダなのぉ~~~?」 (テレビショッピング風どよめき)



まず、どこのご家庭でも頻繁に使うであろう  の殻を捨てずに取っておく。

暇な時間にそっと取り出す。

殻の内側の薄い膜を なるべく破らないように 慎重に剥がす。

image21.gif

中のヌルヌルした側をお顔に貼り付ける。細かい殻がくっついていても構わないっすよ。

むしろウラオモテが容易に判別できてよろし。

慎重に剥がすといっても、そこはホレ、必ず予期せぬトコロで破けますが

気にしない。

そうやって剥がし&貼り付けを根気良く繰り返すと、

やがて顔全体が膜で覆われる時が訪れます。

フツーの人だったら卵4つくらいで覆われます。

大顔の人は5つくらい?でも、一度に全部しなくても、前回右側やったから今回は左側~~とか

そういうアバウト感が 大好き 大変重要です。

で、貼った当初は透明でヌルヌルしている膜も、10分~15分くらい経つと真っ白に乾いてきます。

ima89ge11.jpg ※写真は こんなもんかい?ってイメージです

もう カピカピに突っ張ってきます。ここらへんの感触は市販のパック剤と同じです。

人相も変わります。

そんな自分を笑いながら、端っこからペリペリ剥がして行きます。



言うまでもなく、卵は蛋白質の宝庫。

それを塗るのでもなく、擦り込むのでもなく、お肌にそっと乗っける・・・・って感じが良さげじゃないですか?

しかも しつこいようですが、 何しろタダなので、効果が現れなくても損した気分にならないわけです。

これをアナタ、一本1万円近くもするパック剤を買って 効果が出なかったとしたら、

冷ややかに 「個人差がありますから」 じゃ済まないじゃないですかああああああ。





タダ。





しかも 原料には化学物質どっさり、なんつー市販品とは異なり、

にわとりさんが頑張った天然モノでっせ。

まぁ その効果はと言うと、ワタシの場合、色白にもならないし シミ・ソバカスなんかも消えませんが



ちょっとした しっとり感はあるわけで。

ちょっとした 満足感があるわけで。



あ 忘れずに剥がした後は 顔洗ってくださいね。テカッってますから。

なお、友人Aが何を勘違いしたのか 卵を茹でてしまったのですが、

あくまで生卵を割った殻を使用しますっつーことで。そこんとこよろしく。

薄皮剥げなかったよ、と電話でマジ文句言ってきた友人A、そんなアンタが好き。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。