風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物と同じ空間で暮らすと、 ん?  と思うことがけっこうあります。

ウサギの場合、多分 ミソ的には、すげ小っこいんだろうけど

20071030194316.gif

同棲しているうちにはある程度、意志の疎通ができることに驚くのです。

なんつったって人間の喜怒哀楽にフツーに反応するんですから。

驚きますよね?

そりゃ驚きますよ。

驚いてくれ。



例えば、どこのウサギちゃんもそうするように、1日3回はイタズラをするとします。

断言しますが、ウサギは 自分今イタズラしてるってことを充分認識しながらイタズラしてます。

で、発覚と同時に私の艶っぽい罵声が 部屋に響くわけです。


 「コロちゃん!!!!」


コロはハッとしてこっちを向きます。

ウサギなのでコメントこそありませんが、その顔はどう見ても しまった! という感じ。

「ご、ごめんさない。ちょっと美味しそうだったもんで。

 初犯ですから初犯ですからどうか見逃してくださいよぅ。」

冷や汗まで私には見えます。


20071030194657.jpg

そこには寸断された充電器のコードが転がっています。

ええ、ええ、決して初犯ではありません。



犬や猫の方が、きっともっと人間の感情に敏感なんだろうなあ。

さぞや可愛いだろうなあ。

でも、亀や魚みたいに我が世界で生きてますって生き物もまた

それはそれで別の可愛さがあるんだろうなあ。



先日、コロの爪を切ってもらおうと(1回500円)行きつけのペットショップへ行ったところ、

「爪切りできるスタッフ(超カワイイ娘)が辞めちゃったんで、もうできません。」

とにべもない返事。


ええ~~~!? 期間限定だったんかい~~~!


私がさみしそうに佇んでいると、キャリーバッグの中でコロもさみしそうに耳の裏を掻いていました。

心一つに 「超カワイイ娘 COMEBACK!」

スポンサーサイト
行きつけのスーパーで、山積みの “マンゴー&杏仁デザート” の段ボールの下に、

「たすけて~~~」 と達筆で書いてありました・・・・・・。

価格 20円。

賞味期限 今月末まで。

たすけてあげました。

慈悲深いアキラです。

ギャンブラーの私は、明日は10円になっていると見込んでいます。

ええ、ええ、明日また行きますとも!



今どきは “ねこ鍋” という鍋が流行っているらしい。

癒される感がたまらないらしい。

らしいらしいで会話を進めると、真実が不透明になりますよ と注意を受けるアキラであった。

まずは ポン酢とさらし葱でサラッといただいてください。

http://www.youtube.com/watch?v=k1taheWSOaA



私はクスッとだけ笑えました。

これがもしウサギだったらどうでしょう。

食用猫はいないから、ミスマッチの面白さとして楽しめるけど

食用ウサギはいるので やっぱシャレにならないよなぁ・・・・・・。

コロがね 土鍋からひょこっと顔を出してるわけですよ。

んで、お玉なんか自らカジッてるわけですよ。

短い前脚を精一杯伸ばして、火加減の調節なんかを試みているわけですよ。


・・・・・・・・って痛々しいぢゃねえかぁぁぁ!!




電子レンジに入ってるコロなんかも想像すると 耐え難いよね。

ターンテーブルの上でティモテなんかしてるのは 涙そそるよね。

さすがに ウサギでは笑えないわな。

20071029182332.gif

でもウサギだったら ゴマダレとおろしニンニクかな?

あ 上の一行 削除。

先日、亡くなった黒川紀章氏が 最期に奥様と交わした会話は

文子さん「ごめんなさい。私はあんまり良い奥さんじゃなかったね。」

紀章氏「そんなこと。そんなこと。そんなこと。

    本当に好きだったんだから。」

だったそうです。じーんときました。

心からご冥福をお祈りします。

私は密かに紀章氏のファンでした。



さて、我が家も、4×(いよ+いよ)÷2=いよいよいよいよ くどいわっ!! コタツを出しました。

なんたって冬はコタツ派です。

しかし!! コタツ布団はコロの好物のひとつなのです。

コタツの中で、オシッコをして楽しむのもコロの極上の喜びのひとつなのです。

よって!! 今年こそ、今年こそ カジカシ攻撃を阻止しなければ!!

ちなみに 去年のコロはと言うと

aaaimage1.jpg ハイセンスな金網でやんわりと隔離されたものの、


ある日自分はウサギさんなのだと気づき、



bbbimage1.gif 何気にジャンプして超えてしまったのでした。


そして さりげなく

 
20071028165857.jpg 


禁断の蜜の味を知ってしまったのです。


20071101011409.jpg




20071028170636.jpg どっぷり蜜。




なので!! 今年はもっと高い頑丈なボードで隔離しようと

無邪気で無慈悲な飼い主は そう決意した次第です。




20071028165916.jpg

このように。



もちろんコロはボードをガジガジ噛んで、ご機嫌ナナメです。

「ごめんね、コロ。私はあまり良い飼い主じゃないね。」と私。

でも 多分 コロはこう言ってくれると思います。

「そんなこと そんなこと そんなこと。

 本当に好きなんだから。」

・・・・・・・現在進行形で攻めてみました。

このような会話をひと冬中、交わし続けたいと 思います。

すすすすんまそん。半月ぶりぶりの更新となりますた。

私もコロも もちろん元気です。

まったく、この半月ばかりの間に、ひと夏の恋の清算(出たっ!最強妄想)も済まないうちに、

世間はダラダラと秋っぽくなってしまったではありませんかぁぁぁぁ!



たぶん今朝咲いたこれが、今年最後の朝顔。

20071022015059.jpg 自然の青。人工では出せない。

そして今やコスモス全開。

20071022015245.jpg キライで始めればスキで終わるんさー。



 といえば

123.jpg もの想ふ秋。


20071022013754.jpg くどいようですが、もの想ふ 秋。


20071022014220.jpg そして 読書の秋。


20071022014734.jpg なんでサックリ潜んでるかと思えば

20071022014809.jpg あったかい温風が当たる場所 ガッツリキープ!


ところで、今更ながら 私には妙な性癖があるらしい。

コツコツと努力して積み上げたものが、なんとかカタチらしくなり成果なりが見えてくると

なにか急に執着心がなくなってしまい、いっそ全てをぶち壊したくなってくるのですよ。

いったん 無 に戻したくなってしまうのですよ。

そこからまたジワリジワリと再生していくその、心フツフツ感がたまらない。

時代に乗っかったり わざと逆行したり。

でも数年先など見据えたためしなどなく、たいてい明日の計画どまり。

トシばかり取るが、この性分は変わりそうにない。

コロは明日どころか、今このひと時だけをシレッと生きているんだろう。

あんたの暮らしは私が保障するから それでいいけどね。

ちっきしょう羨ましいぞコロ。

20071022015356.jpg シレッと日向ぼっこが気持ちいい 

コロが のびのび~~~っ とすると

丸まった時のコロが3つ入るね。



ima45ge1.gif


あたしの足(23.5)と比べてみる。


ima56ge13.jpg


まん丸になって毛づくろいしているコロは スーパーかわいいじゃねえか。


ima98ge11.gif


ひょい、と息子に拾われる。


20071008010951.jpg


童謡“まちぼうけ”に出てくる 木の根っこにつまづいて転んだウサギみたい。


20071008011241.jpg


おうちに帰されて しばしウトウト。

すのこの段差を賢く使う。


20071008011451.jpg


寝相もご愛嬌。


20071008012043.jpg


くさい・・・・・。


久しぶりに我が家に足を踏み入れた第一印象が これ。

まぁね。たしかにね。男所帯にウジが湧くとか言いますけど。

ダンナと息子が二人っきりで こまめに掃除とかするわけないのは分かってましたけど。



いやいや 別に台所の三角コーナーの中身が泥沼化していたのは 直視しましたよ。(画像割愛)

んで、潔く捨てましたよ。

床に、なんか イカの内臓の一部のような 見ようによってはなめくじのような

ねっとりした片鱗が半分つぶれて 引っ付いていたのは

ティッシュで事務的に処理しましたよ。(画像割愛)

特にキャーキャーわめくこともなく。

太いため息をつくこともなく。

そんな自分を成長したと感じたわ。短期間ですくすくと、ね。



この世の醜いものをさんざん見た後は、

コロが光輝いて煌いて見えて、さんざん so pretty!

20071006044258.jpg (ようやく画像掲載)


それにしても。

なんつーか 消えない。全然消えてない。


くっさ!


このニオイは何? どっから来てる?

まさか あたし?

あたしの成長臭?

あたし 帰宅してから自分でも気が付かないうちに


なんか、出した?


気体とか。 

百歩譲って液体とか。

固体はありえないけど。

でも徐々に緩んできてるのは事実だから。

いやいやいや、そういう部類のニオイじゃないのよね。

もっと濃くて とろんとしてて でも確実に くささ満点なの。



ほんとに イロイロ探し回って やっとこさ ツキトメタ。

フルーツ籠の中のキゥイが腐ってた。



家を空けると 帰宅した時にいつも驚くことがひとつふたつはある。

この臭気の中 よく暮らしてたなきゃつら。

でも人間ってかなりの環境でも生きていけるもんだなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。