風の吹くまま日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は当ブログ初の R-15で行きます。

私が以前、モデルハウスの受付兼雑用全般をしていたという事は、

“いちご。をプロデュース” の回で書いた通りですが、

今日はその当時の やんちゃ&ちょいエロスな話です。

すでにこの場で、下品な表現があることをお詫びしておきます。


[ちょいオトナの話]の続きを読む
スポンサーサイト
庭の朝顔 ばしばし咲き出したよ。

20070706003214.jpg



気がつけば、今日は七夕じゃないですかぁ!
七をタナ 夕をバタと無理やり読ます。美しい日本語です。
あべっちの好みそうな美しさです。



私が小学生だった頃、

七夕祭りはクリスマス会と並び、外せない年間行事のひとつだった。

子供たちが短冊に願い事を書き、それを笹にザラザラつけて廊下に立てる。

笹の葉サラサラ 短冊ザラザラ。

折り紙で作った金銀の星や 輪っかをつなげたのも、定番のザラザラ。



「字がうまくなりますように」――― 努力しな。

「しょうらい 大金持ちになれますように」――― あぶく銭は身に付かねぇぞぉ。

「髪の毛を伸ばしたい」――― 逆に伸ばせない理由はなんだ?

担任も読んでてさぞかし微笑ましかったろう。



その前年の七夕祭り。

私は好きな男の子がいたクラスの廊下へ走った。

もちろん願い事を読みに行くのよ。

一大事なのよ。

その子の短冊を 過呼吸モード&誰にも気づかれないモードで探し出し、

一字一字 舐めるように読んだ。




「野球がうまくなりたい」

うぉぉぉぉぉぉ!野球か!そうきたか!

野球してるとこなんか見たことないぞ。でも野球か!いずれ野球か! 

・・・・・・願い事、思い浮かばなかったんだな。そういう子だ。そこがまたいいんだ。

私は秘密を共有したかのようなコーフンを覚える。



その日から “巨人の星” を熱心に観るようになった。

テレビはもちろんのこと 漫画も読み続けた。

星飛雄馬は大リーグボールをなぜ打たれたか、それは その致命的な欠点とは



豪速球だが球質が軽い!



なるほど その致命的さに 私はトリハダが立った。



翌日の20分休みの時間、

女子も男子に混じってドッジボールをして遊んだ。

そこで私は、“ドッジボールの達人” と呼ばれた ハルヨシ君の球を

初めて取った。しっかと受け止めた。

ビックリした。

そして思わず口をついて出た言葉が、



「ハルヨシ君の球は 速いけど球質が軽いのよ!」



みんな根拠も無く納得した。小学生だったから。

そんな空気になってしまった。

以後、ハルヨシ君の投げる球は 女子にもことごとく取られることになる。

あてずっぽが的中して、私は動揺&コーフンした。

私ってすげぇ。

今 花形満になってる。



ハルヨシ君は “ドッジボールの達人” にかなりのプライドを持っていたから、

次の日学校を休んだ。

今 思えば罪なことをした。 ううん!巨人の星が悪いのよ。

飛雄馬が未熟だったから。



「女子がドッジボールに入りませんように」と書かれた短冊は

間違いなくハルヨシ君のだと思った。

それだけが無記名だったけど。私には分かった。

無記名だからこそ分かった。

別の意味で秘密を共有してしまったわ。



くつろぐ人気ブログランキング ←応援ヨロシクデス ポチッとな。
庭の朝顔 ひとつだけ咲いたよ。

20070704175054.jpg



ホント 先日(7/3,/4)は久しぶりに松岡さんのことを思い出させてもらった。

山城君ありがとう。でもアンタと下ネタは、必然的にセットになっちゃうんだよねーーー。



松岡さんは両親と離れて、一人でマンションに住んでた。

40越えの悠々自適なシングルライフってやつ。

「たくさん作りすぎちゃって、一人じゃ食べきれないから。」

と言っては、おでんとか芋の煮転がしとか 

よくタッパーに詰めて持ってきてくれたなぁ。

でも松岡さんの作るものって みんなこげ茶色なんだよね。



なんつーか、醤油使いすぎっつーか、

良く言えば 味がしみ込んでるねーーー、だし 

悪く言えば これ、イカ墨で煮込んだの? ぐらいなお色だった。

実際、食べるとハンパなくしょっぱいし。



最初からみんなに持ってくるつもりで たくさん作る人もいるけど、

松岡さんの場合、自分の食べる分だけ作っても しょっぱすぎて食べ切れなくて

結局ここへ持ってきたっつー経緯を 

こげ茶色の大根が無言で物語ってた。

食べ物を絶対捨てられないんですよ 松岡さんて。

しわよせはいつも 反抗できない若いモンへ行く。

みんな 目で具の数をかぞえて、そこにいる頭数ですばやく割って、

一人いくつ食べればノルマ達成か計算してた。




「何?何かあったの?」

あたしが元気ないと、気を遣ってよく話しかけてくれたわ。

まぁ、ヘルパーの端くれやってれば 日々落ち込まない日なんか

なかったけどね。

でも、あたしがどんなに言葉を駆使して状況を説明したとしても

松岡さんのアドバイスはいつも V・S・O・P(べぃりー・すぺしゃる・わん・ぱたーん)。

「元気出して。気分転換して明日もまたがんばろ。」

なので、松岡さんには何を相談しても

まったく解決しないっつーことが分かったあたしは、

松岡さんが来ると むしろすげぇ明るく振舞ったので

自動的に気分転換への道まっしぐらになった。

THE・オート気分転換機・グレートマツオカ。



そんな松岡さんの好物は ゆで卵。

うん ゆで卵には味付け必要ないしね。

ゆで卵だけは連続食いしても ぜんっぜん飽きないっつー話だった。

フツー 胸焼けとかしない? 

コレステロールとか気にならない?

前世ヘビ?



「私ね、たぶん一生独身だと思うの。

 だから、お金貯めて小さくても庭付きの一戸建てを買うのが

 夢なのよ。」

あーーー  その庭でニワトリ飼うつもりだなって

あたし すぐピンときたもの。



今、 

ふさぎ込んでいても「何かあったの?」 って

気軽に話しかけてくれる人は、本当に少なくなった。

時代の流れかなぁ。



くつろぐ人気ブログランキング ←応援ヨロシクです
ヤマ「だからさ、他人には強がったりしてても、本心は別ってことあるよね。

   松岡さんが、自分は永遠の処女であることを 本当はどう感じてるのか、キョーミない?」

私「あ そういう意味?」

ヤマ「なんだと思った?

   『カンソー・・・・・ あなたは選ばれたカンソーイチジクです・・・・・・・・』

   とか松岡さんの耳元で囁いて、ダッシュで逃げて来るって思った?」

私「うん。」

ヤマ「あんた、ほんとバカよね。ずっとバカだと思ってたけど、

   今 その3倍バカだって分かった。」

私「だーかーらー。どうやって探るの?」

ヤマ「だーかーらー。人間には深層心理ってのがあってね、そのものずばりの会話からじゃダメ。 

   むしろ遠まわしに、一見何の関係もなさそうな会話から その人の本心を分析して探り出すのよ。」



すげぇぇぇぇぇ。山城君、人間を手のひらの上で転がしてるよ いつのまに!?



行動予定表を見ると、午後の1時間ばかり 他の職員が会議や音楽療法の介助やらで全員出払い、

ナースステーションに残るのは 松岡さんと山城君だけ、という日がある。

私はパートなので会議その他には無縁、常時ナースステーションに居る立場だ。

いよいよその日がやって来た。




ヤマ「松岡さん・・・・・。

   いちじく好きですか?」


まんまじゃん!!


ナースステーションの隅っこで 私は居住者の遠足用のネームプレートを書きながら、

耳はバリバリダンボ もしくは でっかくなっちゃった!マギー審司状態。 



マツ「え?・・・・・何、いきなり。

   ・・・・・好きだけど。みずみずしくて美味しいじゃない。」

ヤマ「それが乾燥しちゃったんですよ。

   いつか食べようって台所に置いといたんですけど、

   そのまますっかり忘れちゃってて。気がついたらもう カサカサ。」

マツ「あらあら、忘れ去られたのか。かわいそうに。

   乾燥?・・・・・ふーーん、風通しが良かったのかしら。

   ヒビ入ってない?



ヤマ「もう食えないですよね。」

マツ「そんなことないわよ!

   腐ったわけじゃないんだもの

   乾燥したら乾燥したで、また別の美味しさが味わえるのよ。」

ヤマ「水で戻すとか?」

マツ「そうね。その水に砂糖を加えて煮詰めてみたら?ジャムみたいに。

   形はなくなるけど。」

ヤマ「うーーーん・・・・・甘いのはちょっと・・・・・・・。」

マツ「ニオイとかないの?ほこりくさくない?

ヤマ「いや、そこまで顔近づけてないから・・・・・・・。」
   
マツ「よく見て。カビてないんでしょ? 私なら、はちみつ塗って食べてみるわ。」



ヤマ「松岡さんには 捨てるっていう選択肢はないんですか?」

マツ「もったいないじゃない。何にでも使い道はあるのよ

   そうそう、Aさん(居住者:男性)のご家族の方がね、いつだったか 

   いちじくを差し入れてくれたのよ。Aさんが大好物なんだって。」

ヤマ「Aさんが?」

マツ「そう。あ、Bさん(居住者:男性)も好きだって。一緒に食べてた。」

ヤマ「Bさんも?」

マツ「男の人って、いちじく好きなのかしらね。」





山城君の結論。



松岡さんは 自分が処女であることに全く劣等感を持っていない。

むしろ誇りにさえ思っている。

その上 自分は爺さんたちの 「オナペット」 だと 目で言い切った。
   

                ※オナペット=死語。現在で言うところの「オカズ」




私「じゃあ、じゃあ、あたしたち・・・・・・・・・・・」

ヤマ「そうよ。夕日に向かって叫びながら走ってもかまわないのよ!」







imag8e11.jpg




施設の職員間に、「乾燥いちじく」が浸透するのに 3日かからなかった。
   


くつろぐ人気ブログランキング ←参加ちうです   
いちじく ~ Yahoo!きっず 食材図鑑より~


私がまだ ちっとばかし若かった頃、

老人介護施設で働いていたことは 前の日記(たぶん 6/28)に書いた。

で、どこの職場にもおられると思うのですが、独身の お局タイプの女性職員。

大別すると2つに分けられる。



1つは 結婚してないけど、カレシはいるんだろーなタイプ。

もう長すぎた春で、今更入籍なんてバカらしくってアハハって感じ。 

それに経済的に自立できちゃってるし 下手したらカレシより高収入だし、みたいな。



もう1つは 仕事一筋のカタブツ女タイプ。

男性とプライベートな会話をしたのは 2年前の秋が最後だった。

その内容も “携帯の待ち受け画面ってどうやって変えるの?” みたいな。

もう どの角度から考察しても、仮に180歩譲ったとしても 間違いなく


処女。


不惑の処女。


多分米寿まで処女。



当時の私の職場、老人介護施設の女性職員にも、その典型がいた。

松岡女史。

ふかわりょうのヘアスタイルを短めにして、後ろは刈り上げ。

自信をもって、その髪型。

ラジオ体操第2でも、股を30度以上開いたことなし。



松岡さんのことを皆、陰で「永遠の処女」と呼んでいた。

でも でもね はにかみ屋の私は、ダイレクト過ぎてそんな言葉、

とても口に出せなかったの。

第一、大先輩に向かって失礼じゃぁないですかぁぁぁ。

もっとチャーミングで、らぶりーで、皆が口ずさめるニックネームはないものかって

山城君と清拭用のタオルを巻きながら、考えた。

細木数子の改名の儀式 ~あんた今のままだと死ぬわよ~ より時間をかけて、

松岡さんのために ずばり!考えぬいたのです。









乾燥いちじく。






im47age1.jpg 【イメージ図】


すると 山城君に例のオネエ言葉で、こう非難された。

ヤマ「本人がいないところで言うのは、悪口よ。

 アタシそういうの、嫌い。」

山城君は自分に超甘く、他人に超厳しい人だったけど、たまにマトモな発言をするんだよね。

うん、言われてみればそのとおり。私、なんか恥ずかしくなった。



ヤマ「だから今度、アタシ松岡さんの前で言ってみるわ。」



20070420231129.jpg ええーーーーーっ!?



□□□ 明日へ続く □□□


くつろぐ人気ブログランキング ←参加中デス ヨロチクッス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。